評価実習

3年生と評価実習

 3年最初の更新が、9月末というのは問題ありまくりですね。

 

 さて、それはおいといて、間もなく評価実習がはじまります。約1ヶ月間の実習ですので、見学のように準備無しでは乗り切れなさそうです。

 

 その不安もあり、授業外でも自主的に集まり、動作分析やMMT、ROMテストなどの実技を練習しているのですが、正直やればやるほど不安です。

 

3年生前期のまとめ

 

 3年目となり、学校面はメンバーも変わらず慣れてきましたが、授業外での勉強時間は増えてきました。

 

 1、2年は暗記系が主でしたが、3年になるとそれらの知識を使った動作分析や、疾患に対する体操、運動を考えたりと、考える系の勉強にシフトしてきました。

 

 ものすごく大変ですが、やりがいもあり、楽しくなってきました。そういう同士を集めて、今は授業外に勉強会を開いたりしています。そういうのがまた楽しかったりします。

 

 3年の前半にありました解剖学実習も大変勉強になりました。アトラスなどの詳しい絵が載ってる本や、実物の写真がネット上でも見られますが、やはり立体的に見ること、重さを感じることは想像以上に勉強になりました。

 

 詳しい内容は書くことは出来ないのですが、医療に関する仕事をされる方は、機会があれば必ず参加されることをお薦めします。
 

評価実習に向けて

 

 正直、現段階ではとても準備不足感が否めません。

 

 冒頭でも書きましたが、やればやるほど、やることが増えてきます。後1ヶ月ほど時間がありますが、とても終わりそうにありません。コミュニケーション能力にかけるしかないかもです。
 

いいわけ

 

 ブログを開始して2年近く経過しているのに、更新が未だ30未満のブログを続けているのもある意味すごい気もします。

 

 最初は勉強のことや、日常生活でもなるほどと思ったことを書く予定だったんですが、分野が分野なだけに間違った知識を書くリスクを考えると、止まりました。

 

 また私の場合夜間ということもあり、学校生活は基本夜2コマ授業をして、たまに飲んでかえるくらい。

 

 それ以外のことだと理学療法とは関係なくなり、ただの日記のようになってしまいそうなので。

 

 以上の2つのいいわけからあまり更新できていません。もちろん、性格というのも十二分にありますが、記事の更新は理学療法になってからの方が多くなりそうです。

 

 その時は『理学療法士になれた人のブログ』とタイトルを変えなくちゃいけませんね。

間もなく評価実習関連ページ

見学実習を終えて
見学実習中は、正直ブログを更新している余裕なんてありませんでした。睡眠時間3時間とは良く聞いていましたが、自分の場合、緊張もあってか、2日ほどはほぼ無睡でした。少し時間が空きましたが、見学実習でのことを何回かに分けて書いていきます。
理学療法の評価実習1週間目
理学療法の評価実習がはじまりました。準備不足感は否めませんが、なんとか1週間のりきることができました。後3週間なんとかばんばっていきたいです。
理学療法の評価実習2週間目
評価実習が2週目に入りました。正直思ってた以上にしんどいです。しんどいといっても色々理由があると思いますが、自分の場合は、こんな理由でしんどいです。
理学療法の評価実習3週間目
評価実習もいよいよ折り返し。実習内容も症例関係にシフトしてきて、実技、計測、検査が増えてきました。相変わらず睡眠不足の日々ですが、後半分もがんばっていきます。
理学療法の評価実習4週間目
泣いても笑っても今週で終わり。3週末までにいちおレポートは形には出来ましたが、こっからどんだけ訂正がくるかが問題。さらにはレジュメの作成まで。終わるかな?
症例発表とレジュメの作成
学校での症例発表に向け、レジュメを作成し、発表に望みました。これが終われば、実習関連の行事は終わりになります。最後まで気を抜かず望みたいところです。