病院に就職

理学療法士になりました

 病院に勤務して約1ヶ月、仮免許も発行され、名実ともに理学療法士として働き出しました。

 

 ブログのゴールはここでしたが、本当はこれからがスタートですね!

病院に勤務

 理学療法士として働くなら、勤務先によって多少の差はあれど、医療行為を行い、単位をとり、給料をもらうことから、そうそうはずれることは無いと思います。

 

 そのため、一番重要な要素は他のスタッフとの人間関係。これで全てが決まると思っています。

 

 その点で言えば、まだ1ヶ月弱ですが、先輩PT、看護師さん、介護スタッフといい環境に恵まれたんじゃないかと思います。

 

勉強について

 

 勉強に関しては、やはり実習の時や、学生の時とは全然違いますね。

 

 やることが変わるのではなく、気持ちの方。

 

 学生の時は、卒業、合格が目的となっていましたが、今は自分のもっている責任に対してやらなければという感覚です。

 

 先輩のPTには焦らなくてもと言われていますが、患者さんのことを考えると、やはり気が焦ってしまいます。

 

 少しでも速く先輩PTに追いつけるよう、日々精進しなkれば、と思う日々です。

 

 

 就職先については、自分にとっては90点くらいの良い場所だと思います。