頭蓋骨を構成する骨の問題

頭蓋骨を構成する骨の絵 問題を作る学習はあり?

 前期に比べると、非常に覚えることが増えた後期試験。休みをはさんでまだ半分も残っています。

 

 特に、骨筋の問題数が膨大。そこで、特に誰かに見せるというわけでは無いんですが、頭の整理を兼ねて問題を作りはじめました。

 頭蓋骨の絵に時間はかけてられないので、素材はアイリス・アイリス様のところから拝借。

 

 

 

図の項目名称や引き出し線の削除・追加、および図全体の拡大縮小はやっていただいて構いません。

 

 

 とありましたので、名称がたりなかった部分を追加し、更にそれを穴抜きにして完成です。

 

 

 

 

 最近、テスト前になるとこういう名称問題や、文章系の虫食い問題を自作しています。

 

 くどいですが、誰かに見せるためにやってるわけではありません。見せる友達がいないというわけでもありません。

 

 きっかけは、最近機種変更したiPhone

 

 問題をエクセルなんかで作って、PDF化してアイフォンに入れれば、トイレの中でも、通学途中でも普段活用していない時間を有効活用出来るんじゃないかという発想。

 

 

 実際こんな感じでiPhoneには表示されるので、

 

 

それはそれですごく便利なんですが、思わぬ副産物が2個ありました

 

 それは、

  • 問題を作ったところは、結構覚えている
  • テストに出そうなところが見えてくる

の2点です。

 

 「覚えるぞ!」とい意気込みはなく、作業的な感覚でやっていたにも関わらずです。なのでこの効果は非常に大きい。

 

 PCで何かするのが嫌いな方には合わないかもしれませんが、私のようにわざわざドメインをとってブログを書くようなタイプにガッチリははまるようです。

 

 見ても、書いても覚えられないという方は一度お試しください。

 

 

 また、最後になりましたが、アイリス・アイリス様のサイトではフリーの素材が頭蓋骨だけでなく、全骨格、関節、呼吸器系、循環器系、消化器系、泌尿器系と様々な素材が用意されています。レポートの補足資料などにも使えそうな便利なサイトです。

頭蓋骨を構成する骨の絵 問題を作る学習はあり?関連ページ

骨、筋肉を立体3Dで調べられるサイト
筋肉の、起始、停止を覚えていたのですが、こういう機械的な作業はどちらかと言えば苦手。自分の場合イメージや流れで記憶するのが好きなので、何かに関連付けて覚えられないか調べて見たところ面白いサイトを見つけました。
骨、筋の学習一段落
骨、筋の学習がようやく一段落しました。最初は無理だと思っていた量ですが、やってみれば年明け2日目で完了。これで1週間は他の教科にあてれそうです。
筋肉の起始、停止、作用のノート作り
去年の夏に同じようなことをした時は、全然頭に定着せず抜けて行きましたが、今回は理解が深まったからでしょうか?それとも慣れてきたのか、すごく頭に入りやすくなっています。
PT、OTの試験に役立つ骨筋学ごろ合わせのまとめ
イイクニツクロウ(1192)鎌倉幕府と歴史の年号覚えには必須とも言える「語呂合わせ」、その骨筋学編、学校で教えてもらったものと、ネットで見つけたもの合わせて紹介します。
実技の後は筋肉の起始停止・作用が覚えやすい
1年の時からあの手、この手で勉強してきましたが、なかなか覚えられず苦労した筋の起始、停止、作用。気が付けば、いつの間にか覚えられるようになっていました。