骨筋の名前語呂合わせ

骨、筋肉、神経を覚えるのに便利な語呂合わせ

 「嗅いで見る動く滑車の三の外、顔耳のどに迷う副舌」

 

 一見、意味不明な言葉の羅列ですが、OT、PTの学生さんならご存じの語呂合わせです。

 

 学校で教えてもらったもの以外にも、非常にたくさんあります。こちらでは、よく利用するもの、秀逸なものをまとめました。

神経を記憶するのに便利な語呂合わせ
 「嗅いで見る動く滑車の三の外、顔耳のどに迷う副舌」

 

 これは脳神経を覚えるのに便利な語呂合わせです。

 

(嗅神経)いで見る(視神経)動く(動眼神経)滑車(滑車神経)の三(三叉神経)の外(外転神経)、顔(顔面神経)(内耳神経)のど(舌咽神経)に迷う(迷走神経)(副神経)(舌下神経)

 

 

神経生理、解剖と1年次でもかなりの頻度で絡んでくるのでもはや必須の語呂ですね。


 

 「わしゃ、かとうさるまさ」

 

 これは末梢神経麻痺(手)を覚えるのに便利な語呂合わせです。

 

(鷲手)しゃ(尺骨神経)、か(下垂手)とう(橈骨神経)さる(猿手)まさ(正中神経)

 

 

 関ヶ原の合戦にでも登場しそうな名前です。下の足と合わせて覚えておくと効率がよさそうです。


 

 「全速飛行で好景気」

 

 これは足の変形を覚えるのに便利な語呂合わせです。

 

 全速(尖足)飛行(腓骨)で好(鉤足)景気(脛骨)

 

 

 足の変形はこれ以外にも扁平足、凹足、外反母指など有名なものがあるので、これだけだとやや心許ないかも。


 

 「陰気な大さん、ちょこちょこ外大閉鎖した」

 

 これは腰神経叢を覚えるのに便利な語呂合わせです。

 

陰気な大さん(陰部大腿神経)、ちょこ(腸骨下腹神経)ちょこ(腸骨鼠径靱帯)(外側大腿皮神経)(大腿神経)閉鎖(閉鎖神経)した

 

 

うろ覚えなんで覚え方は少し微妙なところがあるかもしれませんが、神経は間違っていないはず。


骨を記憶するのに便利な語呂合わせ
 「ガンなのか、今日前工場長が涙した」

 

 これは眼窩を構成する骨の語呂合わせです。

 

ガン(眼窩)なのか、今日(頬骨)(前頭骨)、工(口蓋骨)(上顎骨)(蝶形骨)が涙(涙骨)(篩骨)

 

 

 直接名称を問う問題はまだ見たことないですが、眼窩上孔・下孔と合わせて配置も覚えておく必要がありますね。ストーリー仕立てで覚えやすい語呂合わせです


 

 「父さん月収大小ありあり」

 

 これは手根骨を覚えるのに便利な語呂合わせです。

 

(豆状骨)さん(三角骨)(月状骨)(舟状骨)(大菱形骨)(小菱形骨)あり(有頭骨)あり(有鉤骨)

 

 

 非常に覚えやすい語呂合わせですが、スタート、キーとなる場所を覚えておかないと配置がごちゃごちゃになるので注意ですね。


 今のところ私が覚えている、利用している語呂合わせはこれくらいです。新しく覚えた語呂合わせはこちらのページに追記していきます。

 

 これだけじゃたんない、もっと、もっと知りたいと言う方は、以下のサイトを参考にしてみてはどうでしょう。

 

 解剖学語呂合わせ

 この解剖学の語呂合わせは、全編がつながった物語り仕立てで覚えられるように作っています。どうか、イメージを働かせ、楽しみながら覚えてみてください。

 量が多すぎて全部チェックしていませんが、1冊の本が出来そうなレベルです。

 

 語呂合わせスペシャル

 オリジナル語呂合わせです。学生時代に考えたものですが、かなりくだらないです。

 と謙遜されていますが、実用的なものが揃っています。まずはこちらから、いきなり上のサイトから利用すると量に圧倒されるかも。

PT、OTの試験に役立つ骨筋学ごろ合わせのまとめ関連ページ

頭蓋骨を構成する骨の絵 問題を作る学習はあり?
自分の整理用に作りはじめた問題。きかっけはスマートフォンを購入したことでしたが、思わぬ効果がありまいた。暗記が苦手な方は一度お試しあれ。
骨、筋肉を立体3Dで調べられるサイト
筋肉の、起始、停止を覚えていたのですが、こういう機械的な作業はどちらかと言えば苦手。自分の場合イメージや流れで記憶するのが好きなので、何かに関連付けて覚えられないか調べて見たところ面白いサイトを見つけました。
骨、筋の学習一段落
骨、筋の学習がようやく一段落しました。最初は無理だと思っていた量ですが、やってみれば年明け2日目で完了。これで1週間は他の教科にあてれそうです。
筋肉の起始、停止、作用のノート作り
去年の夏に同じようなことをした時は、全然頭に定着せず抜けて行きましたが、今回は理解が深まったからでしょうか?それとも慣れてきたのか、すごく頭に入りやすくなっています。
実技の後は筋肉の起始停止・作用が覚えやすい
1年の時からあの手、この手で勉強してきましたが、なかなか覚えられず苦労した筋の起始、停止、作用。気が付けば、いつの間にか覚えられるようになっていました。