MMTに合格する

MMTに合格の巻き

 夜も遅いからでしょうか、ふとはっとりくんが頭の中に浮かんだのでそういうタイトルを付けてみました。

 

 さて、例のごとく更新が滞ってしまいましたが、その間に実施されました徒手筋力検査(Manual Muscle Testing)通称MMTのテストに合格することができました。

 

 未だ実技系の苦手意識は消えませんが、これまで実施された実技(バイタル、周計、ROM、MMT)は全てクリアすることが出来ました。

 自分で合格出来た理由を挙げるのもおかしな話ですが、それでもあえて一つあげるとするなら「練習」、やはりこの一言に尽きるんじゃないでしょうか。

 

 今回の実技の点数にしても、おそらく私の評価はそれほど高くないでしょう。しかし、練習量に関しては5本の指に入るくらいしたと言えます。

 

 そのため仮に落ちていたとしても、3回うければ、2回は合格できる自信はありました。

 

 苦手ながらもこのように思えるくらい練習したのがよかったと思います。

 

 

 

試験の反省

 

 

 しかし、今回のMMTの合否はともかく、自分としては納得のいく出来ではありませんでした。

 

 テスト本番は、これまでに比べるとそれほど緊張しなかったと思うのですが、場の空気にのまれたというか、雲の上を歩いているような感覚におちいり思考がまとまりませんでした。

 

 緊張しすぎて一周まわってしまったんでしょうか?

 

 ただ、それでも合格できたのは、体がやることを覚えていたからじゃないかと思います。

 

 自分では練習の60%ほどの力しか出せていなかったと思いますので、次回より精度を上げていきたいと思います。

 

 

 

ご褒美に

 

 ただの1テストにご褒美も何もないですが、

 

 

理由を付けて買おうかと思っています。

 

 ONE STAREカッコいいです。

 

MMT合格関連ページ

バイタルチェックの評価試験を失敗しました
予想通り、2年のポイントとなった評価学。授業を受ける限りそこまで難しくないと思っていたのですが、結果は惨敗。以後グループ学習にいそしんでいます。
実技試験ROMテスト合格
前回の実技テストの失敗を生かし、今回はなんとか1発で合格することが出来ました。今回合格して思うことは、やはり前回のテストは練習がまったくたりなかったということです。